iBooks AuthorのファイルフォーマットはEPUB3非互換 |エディテック

<アップルが「ePub形式のレイアウト面での表現力の貧弱さ」を打破するために捨てたものは何か?> 以下のエントリーをITmediaオルタナティブ・ブログに書きました。 iBooks AuthorのファイルフォーマットはEPUB3非互換 |エディテックhttp://blogs.itmedia.…

「いいね!」問題の関連リンク

「いいね!」問題に「More Access,More Fun!」の永江一石さんも参戦(同じ「いいね」でもこんなに違う。いいねの分析 第1回)。人によって「いいね!」がどのように見えるかも違うものですねぇ。ほかに、当人同士の関係性(薄い・濃い)という変数も考慮し…

大手ウェブ企業の "古代" ホームページ発掘:Amazon、Google、Facebook、Twitter…。あの頃、君は… |エディテック

<大手ウェブ企業の創業間もない頃の“恥ずかしい”、いや“懐かしい”トップページを鑑賞する。>以下のエントリーをITmediaオルタナティブ・ブログに書きました。 大手ウェブ企業の "古代" ホームページ発掘:Amazon、Google、Facebook、Twitter…。あの頃、君…

【仮説思考】スマホの急増はTwitterの繁栄をもたらし、Google+をサークル化させる|エディテック

<スマホの話から次第に話は拡大し、Twitter、Facebook、Google+、mixi を含むSNS論に──。>以下のエントリーをITmediaオルタナティブ・ブログに書きました。 【仮説思考】スマホの急増はTwitterの繁栄をもたらし、Google+をサークル化させる|エディテックh…

フェイスブックの「いいね!」ボタンの機能分化現象に関する考察|エディテック

<フェイスブックでは「うちのペットが死んだ」という投稿にまで「いいね!」を押すという珍現象が起きている。果たしてこれは本当に珍現象なのだろうか。>以下のエントリーをITmediaオルタナティブ・ブログに書きました。 フェイスブックの「いいね!」ボ…

どんなときに主語を省略できるのか 【文章技術:ピリオド越え】|エディテック

<いまや古典となった『象は鼻が長い』の三上章に学ぶ「主語の省略」「ピリオド越え」> 以下のエントリーをITmediaオルタナティブ・ブログに書きました。 どんなときに主語を省略できるのか 【文章技術:ピリオド越え】|エディテックhttp://blogs.itmedia.…

国境は「超える」のか「越える」のか 【文章技術:表記】|エディテック

以下のエントリーをITmediaオルタナティブ・ブログに書きました。 国境は「超える」のか「越える」のか 【文章技術:句読点の打ち方】|エディテックhttp://blogs.itmedia.co.jp/editech/2012/01/post-ddf4.html 国境は越えるものと信じ込んでいたので(とい…

NHK BS1「スティーブ・ジョブズの子どもたち」2012年1月6日深夜放映

以下のエントリーをITmediaオルタナティブ・ブログに書きました。 NHK「スティーブ・ジョブズの子どもたち」2012年1月6日深夜放映|エディテックhttp://blogs.itmedia.co.jp/editech/2012/01/nhk201216-4d1f.html 見逃した方も、再放送が1月8日にあるので録…

文の意味を変えてしまう読点 【文章技術:句読点の打ち方】

以下のエントリーをITmediaオルタナティブ・ブログに書きました。 文の意味を変えてしまう読点 【文章技術:句読点の打ち方】|エディテック http://blogs.itmedia.co.jp/editech/2011/12/post-b4fc.html 筆者的には、次の2つと合わせて「読点三部作」と呼ん…

赤瀬川原平×矢作俊彦 対談 ドゥマゴサロン〔文学カフェ〕2004年9月21日

※mixiにアップしていましたが、死蔵されてしまうのもなんなので転載します。藝術リサイクル問答 ● 矢作俊彦×赤瀬川原平 2004年09月22日 20:02 先日、矢作俊彦(54)×赤瀬川原平(67)対談を見てきました。 ●ドゥマゴサロン〔文学カフェ〕 9月21日http://www.…

ソーシャルコミュニケーターが日本を救う。

オルタナティブ・ブログ「エディテック」のエントリーはこちらです。 ●ビジネスアナリティクス(BA)講演資料を読む。 http://blogs.itmedia.co.jp/editech/2011/12/ba-ea75-1.html今回は、IBM Business Analytics Forum Japan 2011 講演資料の紹介というこ…

長沢智治さんの「この20年くらいのビジネスとITの関係をまとめてみた(Publickey で紹介してくれたアレです)」を読んだ。

タイトルが長くてすみません。オルタナティブ・ブログ「エディテック」のエントリーはこちらです。 ●長沢さんの「この20年くらいのビジネスとITの関係をまとめてみた」を読む。 http://blogs.itmedia.co.jp/editech/2011/12/post-0ea4.html長沢さんのネタは…

Stay Hungry. Stay Foolish. の訳

オルタナティブ・ブログ「エディテック」のエントリーはこちらです。 ● エディテック:「Stay Hungry. Stay Foolish.」『スティーブ・ジョブズI』http://blogs.itmedia.co.jp/editech/2011/11/stay-65a4.html Stay Hungry. Stay Foolish. これが、スティー…

BRAIN MEDICAL, Vol.23 No.4 特集:言語の起源

慶應大学の大津由紀雄研究室ブログのエントリー「BRAIN MEDICAL 「言語の起源」特集号」によると、BRAIN MEDICALという医学系学術誌の最新号(12月号)の特集は「言語の起源」。「言語の脳科学」入門としても優れているとのこと http://bit.ly/rTNygz BRAIN …

DoubleClick Ad Plannerのすすめ:エディテック

「DoubleClick Ad Planner」は、Googleが提供するウェブサイト読者の分析ツール。なんと読者の性別・年齢・学歴・収入(推定値)までわかってしまうのです。 http://blogs.itmedia.co.jp/editech/2011/12/doubleclick-ad--d134.htmlその後、いろいろなサイト…

ココログからオルタナブログへ

最近、@niftyから退会してしまったので本家サイトの「エディテック[Editech]」@ココログ は消失。 だからというわけではないですが、ふと思い立ち ITmediaオルタナティブ・ブログに参戦。>> エディテック ソーシャルな方々が多いので、スモールならぬマイ…

『日本語とX語の対照 言語を対照することでわかること』

これは!という本が発刊されたのでご紹介。 『日本語とX語の対照 言語を対照することでわかること』野瀬昌彦[編]、三恵社、2011-07-01 チラシPDF >> http://www.contrastiveling.pbworks.com/f/「日本語とX語の対照」チラシ0602-2.pdf日本語とX語の対照-言…

SINAPS Forum: 日本語標準スタイルガイド(翻訳用)を作成するオンラインフォーラム

これは実に良い試みですね。 SINAPS Forum http://jtf-forum.jp/ SINAPS(Standardization Initiative for New and Practical Style Guide)Forumは、翻訳の際に使用される日本語表記スタイルガイドについてディスカッションするための Web フォーラムです。…

柴田元幸氏講演「小説の翻訳」2009年10月24日(東京言語研究所公開講座)

先週の土曜(10/24)に東京言語研究所主催の柴田元幸氏講演に行ってきました。非常に面白かったので、メモをまとめたものをこちらに公開します。細かい言い回しはちょっと違うと思いますが、そのあたりはご勘弁を。

梶尾真治『ゑゐり庵綺譚』

友人宅にあった本。そうなんだ、復刊でしたか。 がんばれ、扶桑社SF!http://www.fusosha.co.jp/mysteryblog/2009/07/post_139.html 以下のブログでは、筒井康隆『馬の首風雲録』と光瀬龍『多聞寺討伐』を紹介。 日本SFの名作が帰ってきた!http://www.f…

ツイッター文学の誕生

ケータイ文学の波には乗り遅れてしまったけれど、ツイッター文学ならついて行けそうだ。「R25式モバイル(http://r25.jp/b/static/a/static/stn/mobile)」が「クライアントの広告出稿がモバイル向けよりPC向けのほうが増えた」ために休止したとのことで、我…

ロジスティクスとは

ロジスティクスシステム協会によれば、 ロジスティクスとは、需要に対して調達、生産、販売、物流等の供給活動を同期化させるためのマネジメントであり、そのねらいは顧客満足の充足、無駄な在庫の削減や移動の極少化、供給コストの低減等を実現することによ…

The CIA World Factbook 2009

CIAから直接入手する情報をもとに作成されるとのこと。 900頁弱で約13ドル(1200円)とは。 Amazonで買うと送料取られるほど安い!The CIA World Factbook 2009作者: Central Intelligence Agency出版社/メーカー: Skyhorse Publishing発売日: 2008/10/21メ…

『パターン、Wiki、XP ~時を超えた創造の原則』(江渡浩一郎)

これは面白そう。で、id:mohriさんが刊行記念トークを連続瞬写(スナップショット)していた。 7:35 PM 江渡「これは本に書いてないことですが、『科学の方法』を書いた中谷宇吉郎がいっているが、「形」を科学の対象とするのは難しい。「パターン」はそれに…

2009年7月近刊観測

最低限の整形だけしてリスティングします。 業界的に注目なのは『ロングテール』の改訂版が新書になったことでしょうか。 7月中旬 臨床瑣談・続 みすず書房 46 164P 予1890円 中井久夫 著 認知症、血液型、煙草と酒、中医学について等々。長年の臨床経験と人…

「考える人 2009年夏号 特集:日本の科学者100人100冊」

考える人、新潮社、税込1400円 刊行頻度:1/4/7/10月各4日考える人 2009年 08月号 [雑誌]出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/07/04メディア: 雑誌購入: 2人 クリック: 18回この商品を含むブログ (17件) を見る 【特集】日本の科学者100人100冊 日本の科学…

before ─ 接続詞のbeforeは「前に」ではないのだの巻

山岡洋一曰く、 接続詞のbeforeは「前に」ではないのだ。接続詞の前に書かれていることがまずあって、「その後に」、接続詞の後に書かれていることが起こるという関係を示しているのだから。 つまり、「t2の前にt1が起きた」のではなく、「t1の後にt2が起き…

光文社近刊メモ

道徳の系譜学 ニーチェ 中山元訳、光文社 古典新訳文庫 06/11 ISBN:9784334751852 学校では教えてくれない日本語の秘密(仮)→国語の先生も知らなかった 日本語「ぢ」と「じ」の謎 土屋秀宇 光文社 知恵の森文庫 06/11 ISBN:9784334785314 道徳の系譜学 (光…

楽天レンタル無料お試し中

DISCUSより少し安くていいけど、品揃えがまだまだですね。 http://rental.rakuten.co.jp/rental/start/

『日本語のしくみ』

日本語のしくみ[シリーズ:言葉のしくみ]山田敏弘 著、白水社、2009/06 B6並 144ページ 本体1600円 ■ 日本語がわかると外国語も怖くない! ふだん使っている日本語も、いざ説明しようとすると、なかなか難しい。日本語を教える予定のある人もない人もその…